サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ



南方諸島所在の旧陸海軍航空基地

( 伊豆諸島、小笠原諸島、南鳥島 )




南方諸島所在旧陸海軍航空基地
黄色 は旧海軍の陸上機、緑色 は水上機、赤色 は水陸両用、白色 は旧陸軍の飛行場を示します。
( 元画像 : Google Earth より )
八丈島 父島 硫黄島 南鳥島 大島 新島

( ↑ 航空基地名にカーソルを当てると関連する図・写真のデータ・ウィンドがポップアップします )



南方諸島所在の旧陸海軍の航空基地は次のとおりです。



 旧海軍


旧海軍の航空基地は次の4個所とされています。 詳細について各航空基地の当該頁を作成する予定にしています。


  八丈島 当初は昭和3年に八丈島三根村(現八丈町三根)に用地を買収して横須賀鎮守府所管の不時着陸場を設けたことに始まり、所在地名から通称 三根飛行場 とも呼ばれれていました。 その後旧飛行場の南西側隣接地に新たに滑走路を新設し飛行場機能はこちらに写りましたがその時期については不詳で、また大戦中の運用状況などの詳細については不明です。  戦後は新滑走路地区が村営の飛行場を経て、昭和37年に東京都所管の第三種空港となり、その後滑走路の延長を含む改修・拡張が行われつつ現在に至っています。 元々の不時着陸場だった地区は新滑走路建設後は飛行場としては使用されず、これもあって現在では市街地の中となっています。
  父 島 父島二見湾に面した陸上機用と水上機用の2つの飛行場よりなる航空基地です。 両飛行場とも昭和12年には概成していたようですが、水上基地は昭和14年に横須賀鎮守府所属の父島航空隊が開隊してその原駐基地となりました。 大戦中は作戦上 52基地 とも呼ばれ、昭和17年には父島特別根拠地隊の隷下に置かれました。 終戦後小笠原諸島は米国執政下に置かれていましたが、昭和43年に返還と同時に海上自衛隊の父島基地分遣隊が置かれ、水上機基地は飛行艇による救難・急患輸送などに使用されています。 陸上機用の飛行場は戦後一時米軍の不時着陸場として使用されたとされていますが、返還後は放棄され、民間の施設が建設されたりもしましたが、現在では元の滑走路跡は全く判らなくなっています。 なお、東京都が父島に飛行場を建設する計画がありますが、現在のところここが第一候補のようです。
  硫黄島 千鳥、元山、北の3つの飛行場群 よりなる航空基地です。 それぞれ「第一飛行場」あるいは「下の飛行場」、「第二飛行場」、「第三飛行場」あるいは「上の飛行場」などとも呼ばれました。 千鳥及び元山飛行場は昭和8年から建設が開始されて同12年に概成し、以後逐次改修・拡張が行われました。 北飛行場は昭和19年の米軍侵攻までには完成していなかったとされています。 米軍占領後はこれら3つの飛行場跡地を中心に新たな飛行場が建設され、このため元の飛行場群の姿はほとんど残されていません。 戦後は元山飛行場跡を主とする米軍の飛行場が改修・近代化され、昭和43年の返還以降は防衛庁(当時)が所管する 硫黄島飛行場 となって海上自衛隊硫黄島航空基地隊が置かれました。 現在では米軍及び航空自衛隊の訓練にも使用されています。
  南鳥島 昭和9年から建設が始められたもので、昭和11~12年には「室戸」「知床」「野島」などの特務艦で資材を輸送していますが完成時期については不詳です。 大戦中は作戦上 53基地 とも呼ばれ、後半期に横須賀航空隊南鳥島派遣隊の一式陸攻が哨戒などの作戦に従事したとされています。 戦後は昭和27年に米国の軍政下に置かれましたが、昭和43年の返還とともに海上自衛隊南鳥島航空派遣隊が置かれ、現在では硫黄島航空基地隊の隷下にあります。



 旧陸軍


旧陸軍の航空基地は次の2個所とされています。


  大 島 昭和19年に大島(現大島町元町)に置かれたものですが、結局終戦までに実際に運用されたことはなかったとされています。 戦後は昭和27年に村営飛行場に、同39年からは東京都所管の第三種空港の大島空港となり、平成10~14年で旧滑走路の西側に1800mの新たな滑走路が建設され、現在に至っています。 
  新 島 昭和19年に新島村本村(現新島村河原)の羽伏浦に置かれたものですが、終戦時にはまだ未完成だったとされているものもあります。 戦後は暫くの間放置されたようですが、昭和45年に村営の場外着陸場となり当初は長さ600mの滑走路が整備されました。 昭和62年に現在の東京都所管の地方管理空港である新島空港となって現在に至っています。

なおこの他に、八丈島に大戦末期2つの飛行場が建設されたとするものもありますが、確たる根拠が出てきませんので省略しています。







サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ 頁トップへ

最終更新 : 21/Oct/2018