サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ



佐敷航空基地



佐敷航空基地は、戦前から沖縄県島尻郡佐敷村 (現沖縄県南城市佐敷津波古) の地に佐世保鎮守府所管の水上機基地として置かれ、その所在地名から通称 馬天基地 とも呼ばれていました。

しかしながら、旧海軍史料でその名称が出てくるものの、これが旧海軍の正式な航空基地であったのか、あるいは仮設のものであったのかは不詳であり、またその正確な所在地さえも示すものがなく不明です。

米軍史料及び米軍によって戦中・戦後に撮影された写真でも、当該基地を示すものは全くありません。

これらのことも併せ、太平洋戦争中の運用状況なども全く不詳ですが、水上機基地として戦前から存在したことは間違いありません。

当方のブログでも連載いたしました日辻常雄氏 (海兵64期) の回想録 『大空への追想』 の中でも本基地が戦前・戦中に使用されたことが明記されていますが、残念ながら本基地そのものについての記述は出てきません。 おそらく 馬天基地 という名称からして、現在の馬天漁港から馬天自動車教習所にかけての地のどこかにあったものと推察されます。



   
    現在の衛星写真から、周辺航空基地との関係。 黄色文字は陸上、緑色は水上、白色は旧陸軍の基地です。
(元画像 : Google Earth より) 
   
     
 
1945年版の米軍地図より佐敷基地の推定位置   現在の衛星写真から、佐敷基地の推定位置
(元画像 : Google Earth より) 
 
1945年1月撮影とされる米軍写真から馬天付近   国土地理院の国土地図より加工



( 写真収集中 )    
     






サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ 頁トップへ

最終更新 : 28/Apr/2019