サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ



年萌航空基地



年萌航空基地は、旧海軍史料及び米軍史料の中に出てくる水上機基地で、択捉島単冠湾の北に位置する年萌湖に置かれてました。 ただし、戦前には既に使用されていたとの記述もありますが、何時からなどの詳細な経緯は不明です。

本基地は、大戦中には旧海軍の北方作戦において水偵のみならず大艇半隊程度の前進基地として使用され、湖畔近傍の断崖に横穴式の燃料庫や弾薬庫なども整備されて一応の基地施設があったとされています。

また戦後は旧ソ連軍によって水上機基地として使用されていますが、遅くとも1949年までには放棄されたようです。

しかしながら、米軍資料では年萌湖の南東湖畔にあったとされる以外、その正確な位置や基地施設の状況などは全く不明で、現在の衛星写真でも確認できません。 したがって、本ページではあくまでも推定位置です。


 
1975年の米国防地図局のONCから。 赤丸が年萌基地。 天寧基地から北東7マイル(13km)の年萌湖にありました。   現在の衛星写真から、幌筵島以南の航空基地との関係。 黄色文字は固定翼、緑色は水水上機用です。
( 元画像 : Google Earth より )
 
1951年版の米軍史料から、年萌基地と天寧基地の位置関係   衛星写真による年萌基地の推定位置
( Google Earth より )
   
    同上推定位置の拡大。 北側台地上に旧ソ連軍の管理・宿舎地区跡らしきものも見えますが正確なところは不詳です。
( Google Earth より )
 
1953年版の米軍地図より。 既に水上機基地としての記載はありません。   1987年の国防地図局のTPCより



(写真収集中)    
     






サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ 頁トップへ

最終更新 : 01/Jul/2018