サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ



麗水航空基地



麗水航空基地は、開戦後になって計画され整備された水上機基地ですが、終戦までにどこまで完備したかどうかなどは不明です。  

鎮海要港部所属の実用機基地とされましたが、ここを原駐基地とする航空隊はなく、記録上はわずかに昭和19年12月15日に開隊した第九五一航空隊 (本部 : 佐世保) の分遣隊が置かれたとされるのみです。

終戦後の状況も全く不明ですが、現在でも一帯は軍の施設となっているようです。 基地跡の敷地の状況はすっかり変わってしまい、海岸線を走る道路脇にわずかにスベリの跡が残されているのみのようです。


   
    現在の衛星写真から、周辺航空基地との関係。 黄色文字は陸上機、緑色は水上機、赤色は両用です。
(元画像 : Google Earth より) 
   
1953年版の25万分の一の米軍地図より。   現在の状況地図。 軍事施設内のため、詳細は全く表示されません。
      (周辺広域地図表示)
 
終戦時の旧海軍史料より航空基地全体のレイアウト図。 (上が北東方向)   衛星写真による現在の状況。 少なくとも滑りはそのまま残っているようです。
(元画像 : Google Earth より)
   
1945年の米軍資料より。    



(写真収集中)    
     






サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ 頁トップへ

最終更新 : 03/Oct/2016