サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ



海口航空基地



海口は海南島の北側、中国本土の雷州半島と海南海峡を夾んで向かい合い、良好な港湾を有する中国及び仏印方面の作戦での要地の一つでした。 海南航空基地はこの海南市の南に位置する地にあり、昭和13年の海南島攻略時にこの飛行場を占領、以後海軍の管理下に、陸海軍共用の航空基地として使用され終戦を迎えました。 ただし、海南島攻略以前からここに飛行場があったとされますが、その詳細については不明です。

昭和13年以降、海軍としては大陸作戦における重要な中攻基地として位置付け、その時その時の作戦状況に応じて航空部隊がここに置かれましたが、正式な海口航空隊が配置されたのは昭和18年になってからのことです。 その状況の概略は次のとおりです。

昭和18年10月 1日
    同
    同
昭和19年 5月 1日
海口航空隊開隊
第十四連合航空隊に編入
練習航空隊に指定され、艦戦及び艦爆実用機教程を担当
解隊

海口航空隊の解隊後は、海南警備府の管理下におかれて基地機能は維持され、三亜航空基地に配備された海南警備府隷下の第二五四航空隊 (原駐基地 : 大村) が必要に応じて使用したようですが、その詳細は判りません。

終戦後は海南島表玄関の民間の国際空港となり拡張と近代化がなされてきましたが、1999年には当該地から南東約10kmのところに 「海口美蘭国際空港」 が新たに開設されて移転、元の空港地区は再開発により現在では海南省庁やホテルなどのビルが立ちならび始めており、また滑走路跡はそのまま広い直線道路になっています。


 
1954年版の米軍地図から。 赤丸が航空基地のあった位置です。   現在の衛星写真から、周辺航空基地との関係。 黄色文字は陸上機、緑色は水上機、赤字は両用です。
(元画像 : Google Earth より) 
 
終戦時の旧海軍史料より、海口航空基地位置図   現在の海口市周辺の衛星写真。 赤丸が航空基地跡、右下が海口美蘭国際空港です。 (元画像 : Google Earth より)
 
1965年版の米軍地図から   現在の状況地図
(周辺広域地図表示)
 
終戦時の旧海軍史料より、海口航空基地配置図   現在の海口航空基地跡
(Google Earth より)



 
 (撮影時期不詳)   (撮影時期不詳)
   
高橋定著回想録 『飛翔雲』 より
(撮影時期不詳)
   






 海口水上機基地



海口には陸上航空基地の他に水上機基地もあり、昭和13年の海南島攻略時以降使用されていましたが、その正確な位置及び規模・施設などについては不明です。 ただ、各種の史料などから海口市西方約20kmの澄邁湾とされ、澄邁角とする名称もでてきますので、おそらくここであろうと考えられます。



    
     赤印は澄邁湾馬村港
(元画像 : Google Map より) 
 
1954年版の米軍地図から。 赤丸の範囲のどこかと考えます。   現在の澄邁湾馬村港周辺の衛星写真。  (元画像 : Google Earth より)



澄邁湾とされる水上機基地、沖は輸送船団 (昭和14年撮影)  
この写真は従来三亜におけるものとされてきましたが、バックの陸影から上の写真と同時期の海口 (澄邁湾) でのものと判断します。






サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ 頁トップへ

最終更新 : 04/Oct/2012