サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ



元山航空基地



元山航空基地は、昭和15年に北朝鮮の威鏡南道元山府 (現在の江原道元山市) に元山航空隊が置かれたことに始まります。 ただし、飛行場そのものはそれ以前から既にあったようですが、その詳細は不明です。 その元山航空隊の状況の概略は次のとおりです。  

昭和15年11月15日
    同
昭和16年 1月15日
昭和16年 3月26日
昭和16年 9月 2日
昭和16年10月24日
昭和17年 4月20日
昭和17年 7月 5日
昭和17年 9月20日
昭和17年11月 1日
昭和17年12月19日
昭和19年 7月10日
元山航空隊開隊、第十五航空隊の飛行隊をもって編成
第二連合航空隊に編入
第二十二航空戦隊に編入
中支に進出し作戦に従事
原駐基地に復帰
仏印に進出し、作戦に従事
陸攻隊ラバウルに進出
陸攻隊は木更津、戦闘機隊は鹿児島に移動
戦闘機隊を分離 (二五二空となる)
第七五五航空隊と改称
ルオットに進出、以後テニアン、グァムに進出
解隊

また、昭和19年になって練習航空隊たる元山航空隊 (第2代) が開隊されましたが、その状況の概略は次のとおりです。

昭和19年 3月15日
昭和19年 8月15日
    同
    同
昭和20年 5月 5日
昭和20年 8月 3日
大村航空隊元山分遣隊を置く
同上をもって元山航空隊開隊
第十二連合航空隊に編入
練習航空隊に指定され、艦戦実用機教程を担当
第十航空艦隊直属となる
第十五連合航空隊 (第十航空艦隊) に編入



 
1961年版の米軍地図より、元山航空基地の位置。   現在の衛星写真から、周辺航空基地との関係。 黄色文字は陸上機、緑色は水上機、赤字は両用です。
(元画像 : Google Earth より) 
 
1983年版の旧ソ連軍地図より。   現在の状況地図。 滑走路配置だけは表示されています。
      (周辺広域地図表示)
 
海自の古い部内史料にあるラフなレイアウト図。 上が西方向と思われます。   衛星写真による現在の状況。 元の滑走路跡のうち2本が判ります。
(元画像 : Google Earth より)
   
1945年版の米軍地図では、元山航空基地は画かれておりません。    
   
1944年の米軍史料より。 基地のレイアウトが判ります。    



 
本部庁舎 (撮影時期不詳)    
格納庫前エプロンに並ぶ零戦 (撮影時期不詳) 
同じくエプロンに並ぶ紫電 (撮影時期不詳) 






サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ 頁トップへ

最終更新 : 27/Sep/2016