サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ



高知航空基地 (第一、第二、第三)



周辺航空基地との位置関係 黄色は陸上機、色は水上機、赤色は両用基地
(元図 : Google Earth より)



 高知航空基地 (第一)


高知航空基地は、高知県香美郡日章村(現在の南国市久枝)に建設され、昭和19年3月15日高知海軍航空隊の開隊に伴いその原駐基地となりました。

高知空開隊以降の概略の状況は次のとおりです。

昭和19年 3月15日
    同
    同
昭和20年 5月 5日
    同
開隊
練習航空隊に指定、偵察教育担当
第十三連合航空隊に編入
練空指定解除
第五航空艦隊第十二航空戦隊に編入

終戦時には、白菊x16、二式中練 x1、九三式中練 x2、一式陸攻 x1など計26機が残存していたとされていますが、これらほとんどは大・中破の状態であったようです。

終戦後に連合軍に接収されましたが、昭和52年には解除となり、54年には民間航路が開設されています。 そして58年には民間航空に指定されて高知空港となり、以後施設・滑走路が拡張されて現在に至っています。



 
古い部内資料にある高知航空基地の敷地のラフ・スケッチ。    現在の状況地図。 現在では高知空港地となっています。
    (周辺広域地図表示
 
終戦時の旧海軍史料より第一及び第二高知航空基地の位置図   国土地理院発行地図より。
 
終戦時の旧海軍史料より高知航空基地の配置図   現在の衛星写真。 現在では滑走路が2,500mの高知空港として大幅に拡張されています。
(Google Earth より)
終戦時の旧海軍史料より建物等の施設配置図   平成8年の航空路図誌より。 滑走路がまだ2,000mです。
 
昭和20年の米軍空襲下の第一高知航空基地。   昭和50年の航空写真から。 滑走路が1,200mの民間空港となっています。
   
昭和22年の米軍航空写真から。 建物などは焼失したりしていますが、敷地はほぼそのままです。      



(写真収集中)    
     





 

 第二高知航空基地


第二高知航空基地(通称、浦戸飛行場又は第二飛行場)は、昭和20年4月1日に高知海軍航空隊を管理部隊として開設されましたが、それ以外については旧海軍の史料が乏しいため建設経緯や終戦までの状況なども含めて不詳です。 また、終戦時の状況も不明です。

戦後はそのまま元の民間に払い下げられたようで、現在に到るまでほとんどが農地となっています。



   
    現在の状況地図。
周辺広域地図表示
 
終戦時の第二高知航空基地位置図   国土地理院の地図より当該個所。 赤線は滑走路跡の概略推定位置です。
 
1945年の米軍史料から。   現在の衛星写真から。 赤線は滑走路跡の概略推定位置です。
(Google Earth より)
   
1947年の米軍航空写真から。 滑走路の跡がまだ残っています。    



(写真収集中)    
     





 

 第三高知航空基地


一般には通称で窪川(宮内)飛行場又は第三飛行場と呼ばれていますが、正式名称は第三高知航空基地です。 ただし、旧海軍の史料が乏しく、建設経緯や運用状態などの正確なところはよく判りません。

郷土史などの一般資料では、沖縄方面に対する特攻作戦が打ち切られた後に本土決戦に備えて航空機を分散、隠蔽するためであったとされており、昭和20年春頃から建設工事が始まり7月10日に概略が完成したされ、第五一一三設営隊がこれに携わったとされています。

そして鹿屋に進出してた白菊などが高知に戻った際にここにも分散配置されたとされ、終戦時には練習機の白菊や二式中練など27機があったようですが、そのほとんどが中破又は小破の状態だったとされています。

戦後はそのまま元の民間に払い下げられ、ほとんどが現在に至るまで農地となっております。


   
    現在の状況地図
周辺広域地図表示
 
終戦時の旧海軍史料より第三高知航空基地の配置図   国土地理院発行の地図より当該個所。 現在でも農地が拡がる田園地帯となっています。
 
1947年の米軍航空写真より。 滑走路跡の輪郭がまだ解ります。 現在の衛星写真。 当時の航空基地の跡は全く見あたりません。
 (Google Earth より)



(写真収集中)    
     






サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ 頁トップへ

最終更新 : 17/Aug/2018