サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ



敷香航空基地



敷香航空基地は、戦前に日本の北方防衛のための前進作戦基地として樺太の上敷香に置かれました。 開設の時期や経緯などの詳細は不明ですが、昭和9年に天寧及び幌筵と共に設置計画が決められ、昭和12年度と翌13年度に基地整備予算が成立して、昭和13年度末までに完成するごとく進められたようです。

しかしながら、昭和16年8月の段階では航空基地として一応の概成はしているものの諸施設はまだ完備していなかったとされ、昭和18年1月の内令により第四十一航空基地隊が管理部隊に指定されていることから、これまでには基地としてほぼ完成していたものと考えられます。

本基地が使用され始めたのはアリューシャン作戦後の北方作戦からで、千島列島を含む周辺海域の哨戒などのための前進基地となり、七〇一空の陸攻などが使用したとされています。

終戦後は旧ソ連に占領された直後はしばらくは航空基地として使用されていませんでしたが、1947~48年以降になって元の旧海軍基地時代の滑走路とは全く別にジェット機用の滑走路1本を主体として大拡張され、極東における旧ソ連軍の代表的な航空基地の一つ、レオニドヴォ (Leonidovo)となりました。

しかしながら、冷戦終結後には現ロシア軍によって継続使用されることなく放棄され、現在ではそのうら寂しい姿を晒しています。


 
1953年の米軍地図から。 赤丸が敷香基地跡の位置ですが、この段階ではまだ旧ソ連軍では航空基地として使用されていなかったと考えられます。   現在の衛星写真から、周辺の旧海軍基地との位置関係。 黄色文字は固定翼、緑色は水上機用です。
(元画像 : Google Earth より)
 
1970年の米国立画像地図庁(National Imagery and Mapping Agency)のJOG(Jpint Operations Graphics)より   衛星写真から現在のレオニドヴォ航空基地跡。 放棄されて荒れ果てています。
( Google Eath より )
 
1950年の米軍史料より、1945年段階での基地全体配置図   衛星写真から旧海軍基地時代の滑走路付近の拡大。 元々の十字型2本の滑走路跡等が残されています。
( Google Eath より )
 
1984年の米国防地図局のTPC(Tactical Pilotage Chart)より   1989年の米国防地図局のONC(Operational Navigation Chart)より



(写真収集中)    
     






サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ 頁トップへ

最終更新 : 29/Jul/2018