サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ



メジュロ航空基地
(暫定版)



メジュロ航空基地は、マーシャル諸島のマジュロ環礁 (Majuro Atoll) の東南端にあるタイラップ (ダラップ) 島 (Dirap Island、Darap Island) に所在する水上基地です。

終戦までの日本統治時代には同環礁は 「メジュロ」 と称されておりましたが、現在では英語名表記に合わせて 「マジュロ」 と呼ぶのが一般的になっています。

本基地は、開戦後になって着工され、昭和17年中に概成 したとされていますが、その正確な所在地も含め、基地の具体的な状況については日本側及び米側に記録が無く、全く不明です。

戦史叢書ではメジュロ環礁のタイラップ島に第一飛行場、ジアリット (ダーリット) 島 (Dyarrit Island、Darrit Island)) に第二飛行場のそれぞれ水上基地があったとされていますが、詳細は全く不明です。

なお一説には、タイラップ島に陸上基地があったとするものもありますが、旧海軍及び米軍の史料、並びに戦史叢書にもその様な記載はありませんのでその根拠とするところの出所は不明です。

本水上基地について情報をお持ちの方がおられましたら、是非ともご教示下さい。

概成後にも水上機の配備は無く、基地の管理要員など300〜400名程度がヤルート (イミエジ) 基地から派遣されていた程度とされていますが、昭和17年中頃 (一説では7月) にはヤルートやミレに撤退したとされています。

このため昭和18年2月の米軍侵攻に当たり、米軍は航空偵察により同環礁には日本軍はいないと判断しており、2月1日に上陸を開始し、同日中に無血占領を完了しています。

米軍占領後は本水上基地はそのまま放棄されたようで、代わって直ちにタイラップ島及びダーリット島 にそれぞれ滑走路1本の陸上基地を建設するとともに、環礁内に艦隊錨地を整備し、ウルシー環礁とともに終戦まで米海軍の一大前身根拠地となったことはご存じのとおりです。

米軍が占領後に建設した上記2つの陸上基地は、戦後放棄され現在では既に跡地は市街地になっており、またタイラップ島の中心から西に約12km程離れたところに新たに民間飛行場が建設されてマジェロ国際空港 (Majero International Airport) となり、国内・国際線が運航されているようです。 (いずれも時期不詳)



  
昭和13年の海図No.2103よりメジュロ環礁位置図    現在の衛星写真から、周辺航空基地との関係。 黄色文字は陸上機、緑色は水上機、赤色は両用です。
( 元画像 : Google Earth より ) 
 
米海兵隊戦史よりメジュロ環礁全体図   現在の衛星写真からメジュロ環礁全体
( 元画像 : Google Earth より )
   
米軍史料より1944年のメジュロ環礁東部の戦況図    
 
メジュロ環礁における2つの飛行場の位置図
(戦史叢書より)
  衛星写真による現在のタイラップ島主要部の状況。 赤丸が第一飛行場の推定個所
( 元画像 : Google Earth より )
   
    同上、第一飛行場の推定個所の拡大。 滑りの跡と思われるものが残っています。
( 元画像 : Google Earth より )
   
    衛星写真による現在のジアリット島主要部の状況。 赤丸が第二飛行場の推定個所
( 元画像 : Google Earth より )
   
    同上、第二飛行場の推定個所の拡大。 同島で水上基地跡らしく見えるのはこの1個所だけです
( 元画像 : Google Earth より )



( 写真収集中 )    
     






サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ 頁トップへ

最終更新 : 25/Mar/2019