サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ



ウルシー航空基地



ウルシー航空基地は、西カロリン諸島のウルシー環礁 (Ulithi Atoll) の環礁外北東側にある ファラロップ 島 (Flalop Island)に旧海軍の中継・不時着基地として整備されましたが、旧海軍は大戦中の1944年に艦隊泊地と共にこれを放棄しましたこともあり、旧海軍側の史料ではこれに関するものは無く、詳細については不明です。

そして旧海軍が放棄した直後に米軍が占領し、これを拡張・整備して使用しました。 なお、泊地も調査・整備の上、大艦隊を収容し得る米海軍の一大泊地の一つとなったことは良く知られているところです。

航空基地は戦後米軍が使用した後、ミクロネシア連邦ヤップ州となった現在でも引き続き使用されている。 水上基地は戦後は放置されたようです。


 
昭和16年海軍水路部発行の海図 No.825 からウルシー環礁の位置図   1991年の Tactical Pilotage Chart からウルシー環礁の全体図
 
1944年の米軍史料からウルシー環礁及び周辺図   衛星写真からウルシー環礁の全景
( Google Earth より )
 
1944年の米軍史料から侵攻計画用の詳細地勢図   衛星写真からファラロップ島の全景
( Google Earth より )
   
    衛星写真から 航空基地跡。 現在では Ulithi Airport となっています。
( Google Earth より )
   
    島の南西側にある水上基地跡
( Google Earth より )



(写真収集中)    
     






サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ 頁トップへ

最終更新 : 29/Apr/2018