サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ



南大東島航空機不時着陸場



南大東島不時着陸場は、本土と南西諸島・台湾方面とのルート間に設けられたものの一つですが、その設置時期及び当初の飛行場としての設備などについては、旧海軍の史料になく不明です。

昭和18年7月10日になって乙航空隊たる南西諸島航空隊が開隊 (本部 : 小禄航空基地)、南西諸島所在の陸上航空基地が管理下に置かれ、同隊の南大東島派遣隊が本基地に常駐しました。

本土から沖縄・南西諸島方面への航空作戦が活発となるにつれ、不時着陸を含め本飛行場を利用するものも結構あり、九六式陸攻なども含まれていることから、敷地そのものは当初の不時着陸場よりは拡張されているものと考えられます。

しかしながら、南西諸島航空隊の戦時日誌などでは 「南大東島基地」 と記されているものの、航空基地としての施設の拡張、増設などについては不明で、おそらく上記の不時着陸場としての位置付けのままであったと考えられます。 実際、昭和38年の米軍航空写真では、滑走路跡と思われるものは確認できますが、その他の施設跡らしきものについては見あたりません。

(注) : 南大東空港の公式サイトなどでは “本基地は昭和9年に海軍飛行場として建設された” とされていますが、旧海軍の史料には見あたらず、その根拠とするところは不明です。

終戦後は、元々が不時着陸場であり転圧式と思われる滑走路の他は大した施設も無かったと考えられることから、国有地としてそのまま放置されたようです。

昭和38年から1300mの滑走路等の空港設備が整備されて、昭和40年から民間機の利用が始まったとされています。 昭和48年に沖縄県を管理者とする第三種空港として整備されて南大東空港となりましたが、この際航空法の関係から滑走路は800mとして使用されました。

このため更なる大型機の運航が要望され島の東側に新たな空港が建設されて、平成9年に新南大東空港として開港、元の南大東空港は廃止されて現在に至っています。


   
    現在の衛星写真から、周辺基地との位置関係。 黄色文字は陸上機、緑色は水上機用です。
(元画像 : Google Earth )
   
    現在の状況地図。
    (周辺広域地図表示
   
    国土地理院の2万5千分の1地図から当該部分。
   
    平成8年の航空路図誌から、旧南大東空港としてのデータ。
   
    現在の島全体の衛星写真。 島中央が旧飛行場跡、東側が現在の南大東空港。
( Goole Earth より )
 
1944年の米軍史料から空襲下の基地全体写真   現在の旧南大東空港跡の衛星写真。 滑走路跡には住宅地などが出来ているようです。
( Goole Earth より )
 
昭和38年の米軍航空写真から。 1300mの滑走路が整備される直前の状況。   昭和53年の航空写真から、旧南大東空港としての状況。



(写真収集中)    
     






サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ 頁トップへ

最終更新 : 29/Apr/2018