サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ



樺山航空基地



樺山航空基地は、昭和5年に大湊要港部 (当時) 所属の飛行機不時着陸用の 「大湊飛行場」 として用地買収を行って建設されましが、翌6年には大湊航空隊の新設が閣議決定され、要港部隣接地に新たに飛行場用の用地買収を行って昭和8年に建設に着手したこともあって、以後本基地の方は大戦中期まで本格的に整備されることなく、不時着陸用及び輸送機用基地として使用されました。

本格的な航空基地としての施設整備が始まったのは昭和18年9月9日からで、、昭和20年5月に第九〇三航空隊が横須賀鎮守府から大湊警備府に編成替となって大湊航空基地に移駐し、その一部が本基地を使用しましたが、結局終戦まで本基地を原駐基地とする航空隊が置かれることはありませんでした。

終戦時までには基地機能は一応揃っていたようでが、完成状態であったがどうかは不明で、滑走路も増設工事中の跡が見られます。

終戦後は、米軍管理下に置かれていたようで、昭和27年の米軍航空写真では滑走路及びエプロン地区のみが確認できます。 その後、自衛隊の発足に伴い樺山飛行場として海上自衛隊に移管されました。 しかしながら、常駐航空隊が配置されなかったこともあり、実際にどれだけ活用されたかは不明で、昭和52年には飛行場としての用途変更がなされて海上自衛隊樺山通信所が置かれました。 ここは現在でも滑走路及びエプロン地区の舗装などはそのまま残されています。

なお、本基地の名称は旧海軍及び海上自衛隊を通じて従来の地名を使用した 「樺山」 ですが、現在の国土地理院による地名は 「椛山」 となっております。


 
昭和28年版の米軍25万分の1地図から。 大湊航空基地との位置関係が判ります。   現在の衛星写真から、周辺航空基地との関係。 黄色文字は固定翼、赤字は水陸両用です。 (元画像 : Google Earth より)
 
昭和5年の旧海軍による用地買収時の位置図より。   現在の状況地図。 従来の飛行場エリアをほぼそのまま海上自衛隊が送信所として使用しています。
      (周辺広域地図表示
 
非常に状態が悪いですが、昭和5年の旧海軍による用地買収時の敷地図より。   国土地理院の2万5千分の1地図から当該部分。
 
昭和22年の米軍航空写真。 建物も含めてまだほとんど終戦時のままです。    衛星写真から現在の状況。 雪景色のため反って地形の輪郭がよく判ります。
( 出典 : Google Earth より )
    
上の写真がちょっと小さいので昭和23年の米軍航空写真です。 右と上が切れているのが残念ですが、建物などが明瞭に確認できます。    
   
昭和27年の航空写真。 既に滑走路は現在残されている形になっており、また2棟あった格納庫なども撤去されています。    



(写真収集中)    
     






サイト・トップ頁へ 旧海軍航空基地一覧へ 頁トップへ

最終更新 : 02/Mar/2013